映画鑑賞38 ハウルの動く城/映画鑑賞39 ベイブ


映画鑑賞38 ハウルの動く城
2回目か3回目。難易度が高い作品の一つ。独特の世界観が苦手で、劇場公開して数年経ってからDVDで見た。今見るとなんてことないが、映画の情報量が多くて理解するのが大変だ。子供の頃、どこの近所にもあったコミュニティーセンターの図書館にある児童書。絵が少ない文章の多い新書サイズのアレ。鼻を啜って泥に飛び込む子供には難しいけど、文章読解力が付き始めた子供が読み始めるような物語だと思う。案山子や火の精霊、魔法使い…これはきっとオズの魔法使い的な発想に基づいて生まれたに違いないと勝手に思っている。違うか。ジブリで特徴的な名声優である美輪明宏さん、我修院達也さんを迎え、その他豪華ゲストを派手に使う。こんなのジブリにしかできない。

vlcsnap-2016-12-07-22h49m29s427_r3%e3%83%9f%e3%83%8b
物語は、魔法が飛び交う世界が非常にファンタジックで美しい。スピード感もあり、木村拓哉扮するハウルが全力でカッコよく描かれている。急におばあちゃんになった主人公のソフィーが、まったく落ち込まないのが面白かった。普通なら落ち込んで家に引きこもるところだけど、ジブリヒロインならではの前向きさで大冒険をする。珍しく髪が長いヒロインだと思っていたが、やっぱり最後にはバッサリ。ジブリのヒロインはほぼショートカットと決まっている。ショートカットは活発な感じするしね。ショートカットのソフィーが激可愛いくて萌える。とんでもなく可愛い。あんな糞ダサい三つ編みは金輪際やめて欲しい。まさか映画の後半でこんなに興奮させるとは…やられた…


映画鑑賞39 ベイブ【ネタバレ注意】
ダメ人間ブログのランキングで見ると俺の順位は頗る微妙な位置だ。上位には、俺を遥かに凌駕するウルトラダメ人間が何十人もいる。下位にも物凄いダメ人間が沢山いる。そもそも、ダメ人間ランキングで言えば、本当に1位や2位になるべきダメ人間はランキング最下位。「よしブログ書くぞ」と始めたはいいけど飽きて止める。これこそがダメ人間だ。ランキング上位の人間は、ちゃんとブログを書いてファンを夢中にさせている。それはダメ人間ではない。ダメダメとバカみたいに連呼しているが、本作の主人公であるベイブ君は、我々ダメ人間の光でもある。美味しい晩餐になるべく育てられていた大量の豚の中で唯一選ばれ、食用とは別の道を歩むこととなった豚の物語。最初は疎遠されて嫌われていたベイブ君だが、飼い主や他の動物たちと仲良くなり、冷や冷やする場面もあったが食われずに済む。「豚は可愛いけど、人間は豚を食べる」という誰がどう考えても矛盾している世界だが、この映画を見ているとワガママなのはやっぱり人間だと感じる。映画のラストは、牧羊犬の代わりに牧羊豚として大会に出場。飼い主のお爺さんとベイブ君は、観衆にバカにされ笑われる。最後の最後に笑った奴等を思い切り見返すシーンはガチで感動する。吹き替え通りの動物たちの動きも素晴らしい。