The Flamingo Trigger/FOXY SHAZAM

狂ったバンドは沢山あるが、俺が中学時代か高校時代に「このバンドが一番変態なのかもしれない」と思ったバンドがFOXY SHAZAMだった。彼等の「NO. Don’t Shoot」を聞いた時、俺は全身に電流が流れたような衝動‼リビドー‼感動‼感激‼を感じだ。正しく音楽の化け物。説明のつかない圧倒的な曲だった。当時はLinkin Park(今話題になってる)のCDがクラスで出回っていた。俺も聞いた。確かにカッコよかったが、俺は日本ならマキシマムザホルモンと海外はシステム・オブ・ア・ダウンが最高だと思っていた。当時はマキシマムザホルモンが「包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ」を出した頃で、全然有名でもなかった。ライブも余裕でチケットが取れた。カラオケで歌っても知っている人間は全くいなく「面白い歌だね」と言われるだけだった。

そんな時に出会ったのがFOXY SHAZAM。最初は日本のバンドかと思ったがアメリカのロックバンドだった。全く聞き取れない意味不明の歌詞を絶叫するヴォーカル、ピコピコしたキーボードと激しいドラムにギターベース。色々な音がゴチャゴチャに混ざりあい、わけのわからない曲を高速で演奏し続ける。1日中聞いていられる激しいロックナンバーだった。実験的な音楽でやっていたようで、神アルバムは「The Flamingo Trigger」。その後はあまり知らない。