2020年7月29日 俺、心療内科へ行く②
スポンサーリンク

何の検査もせずに話をして薬を貰った。しかし、なぜか気持ちが楽になった。何とも言えないが気分が少しだけ軽い。今日の先生は水曜日担当らしい。他の先生も優しいから大丈夫だと念を押された。パニック状態になった時、一番安心するのは「大丈夫」という言葉だった。現場監督や嫁にもパニックになった際、何度も「大丈夫ですか?」「大丈夫かな?」と聞いた。その時、大丈夫だと言われただけで安心できた。言葉は大事だな。

精神科の診断書を貰うのは初めてだ。病名は、うつ状態、不安障害、不眠症。不安障害は、パニック障害、恐怖症、PTSD(外傷後ストレス障害)。俺が調べた予期不安、広場恐怖(参照:2020年7月27日 パニック障害を患う①)もパニック障害や恐怖症に含まれている。不眠症もあるっちゃある。不安で眠れなくて起きてウロウロしてしまう。

最初は1ヵ月で書いてもらったが、どうなるか分からないので最長で書ける3ヶ月にしてもらう。今更訂正出来るのか不安だったが、「OKOK!大丈夫だよ!」と手を振って書き直してくれた。ふぅ、安心する。

薬は「エチゾラム錠」「ワイパックス錠」を処方された。この日の夜に眠れなくて「エチゾラム錠」の方を服薬した。最初は身体が拒否反応を示したようで胃液が上がるような感覚を一瞬感じたが、その後は全身の力が抜けるような感覚になる。足裏が温かくなり、全身が重くなる。緊張していたせいか、すぐに眠れなかったが、かなり効く印象はあった。気が付いたら眠っていた。

コーヒー屋で飯を食べる。診断書の写メをLINEで送ると、会社の担当者のEさんから電話がかかって来る。その後、何度かやり取りをした結果、最終的には以下のようになった。

・傷病手当金(6割)で対応する
・8~12月まで休職
・残った有給をすべて消化する

当初、3ヶ月の予定だったが、Eさんが社長に交渉してくれて5か月休職することになった。要は今年いっぱいは休めるということ。あと気が付かなかったけど俺ってアルバイトじゃなくて準社員みたいな扱いだったんだな。知らなかったわ。働く意欲はあるから頑張りたいが、「今は何も気にせず休んでください」「俺はいつでも待ってますから」とありがたい言葉を受けて感動した。本当に何から何までありがたい。良い会社に入れてよかった。

2020年8月2日 すべての不調を自分で治す

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

💓見逃せない蒸発俺日記💓
泣きじゃくる嫁とケンカして自分の髪の毛をハサミでちょんぎって、その後『シン・エヴァンゲリオン劇場版:‖』を見に行ってクソほど感動して泣いて、やっぱり庵野秀明監督は頭おかしいと思った
日記 2021年
泣きじゃくる嫁とケンカして自分の髪の毛をハサミでちょんぎって、その後『シン・エヴァンゲリオン劇場版:‖』を見に行ってクソほど感動して泣いて、やっぱり庵野秀明監督は頭おかしいと思った
またしても嫁とケンカをする。何もかもがダメだ。嫁は顔を真っ赤にして号泣している。俺もよせばいいのにケンカの船に乗り込み、勢いのあまり自分の髪...