天より下にありし者 交通誘導 1日目

★1日目

本日、研修を終えて初出勤‼なのだが、早速トラブル発生で仕事なしの待機でそのまま終了。信じられない。と言うより衝撃。まだ全然何も出来てないんだが。1時間早く待ち合わせ場所に到着し、いつでも俺はOK。研修担当者さんとイケメンおじさんと3人で現場へ。

細い道を通り過ぎると、これぞ現場っ!!って感じの作業場所に到着する。色んな作業員さんがウロウロしている。あ、俺の仕事は誘導警備員。ちなみに俺は、肉体労働からかけ離れた真っ白ゴボウ野郎。特にここ3年くらいは、室内でぬくぬく働いていただけに引きこもりの中学生みたいな身体をしている。しかも長髪のポンコツ野郎が、どこまで誘導警備員という仕事が出来るのかをここに記していく。見下すもよし、明日は我が身と思うもよし、自分にもやれるんじゃねぇかと思うもよし、楽しみ方は自由だ。楽しくない?消えてなくなれ‼

まぁ、そんなこんなで集合したら、同じ会社の誘導警備員2名と合流する。1人は70歳くらいのお爺ちゃんで、1人は身長180㎝160㎏の同年代男性。こんな俺が言うのもなんだが、なかなかに凄いメンバーだ。お爺ちゃんはメチャクチャに喋る。仕事するのかなぁ、この人…。しかも、ボーっとしてたらラジオ体操もう始まってて、慌てて合流する会社の人々。イケメンおじさんはいないwラジオ体操が終わった頃にひょっこり。んーなんでもありだ。みんな立ちションするし、唾吐くし、歩きたばこ(ポイ捨てはさすがにしない…と思う)する。なんか想像していた警備員とだいぶ落差あるな…。しかし、我々の担当者が不在。初日から雲行きが怪しい。大丈夫なんだろうか。とりあえず待機。会社の担当者の方から場所が違うという電話があり、車で現場に移動。しかも30分。てか遠くね?

到着するが誰もいない。ここで待機、ひたすら待機。このような状況はかなり稀らしい。まぁ、いいんだけど…一応仕事しに来ているんだよなぁ。待機していると色々な仕事をしている人が目につく。自販機に補充する人、社用車の中で電話する女性、解体工のバンに乗って待機する強面…。あぁ、どいつもこいつも働いてるんだなぁ。でも、ユーチューバーはこの人達の10倍以上を毎月稼いでるんだよな。世の中マジで狂ってる。

つーか立ってるのって意外とキツイ。今日は何もせず2時間くらい立ってるだけなのにキツイ。意識が飛ぶ。立ってるだけってこんなに大変なのか。トイレ事件やイケメンおじさん弄られキャラ説など色々とありましたが、なんやかんやで初日は午前中で終了。つーか何もしていない。早く仕事したいなぁ。そりゃ紙媒体で読んだし、DVDも何回も見たけど、現場でやんなきゃ何も分からない。昔からそうなんだけど、俺って頭悪いから教科書とか文章で読んでも理解できないんだよね。実践したり、現場に行かなきゃわかんない。とりあえず明日こそが本番らしいぜ。8時間死んでくる。