彼女のいない中学生時代のニキビ猿は『眞鍋かをり』が全てだった

最近、嫁がモーニング娘。にハマっている。どうして今頃になってモー娘。なのか?記事を読んでいる貴方が鼻で笑うのも無理はない。嫁は作業用BGMやキラッとプリ☆チャンで乃木坂46のインフルエンサーを聞いている。あまりにも聞きまくっているので、俺も若干好きになりつつある。特に口ずさみたくなるのは「影響 与えてるぅ~♪」の部分だ。

乃木坂46、ももクロ、AKB48の話をしているうちに吉澤ひとみ容疑者のやらかしもあり、モー娘。の名前が出てきた。そして、どれだけAKB‼乃木坂‼欅坂‼その他アイドルの名前を叫ぼうが、やっぱり最強のアイドルはモー娘。なんじゃないか?いや、間違いなくそうだ‼そんな騒ぎになった…とまぁアイドルに関しての熱弁は別の記事で大いに語るとする。

モー娘。をYOUTUBEで聞いていると当時のことをふと思い出す。そこで思い出したのが当時グラビアアイドルとして一世を風靡していた『眞鍋かをり』だ‼今でこそコメンテーターや吉井和哉の嫁の印象が強い…ってか他に活動してんのか?ってくらい最近見かけない。

俺が中学生の頃、自分のパソコンはなく、エロ本もAVも買えず、だけど女体への興味が尽きなかった。男子中学生が性的な興味を持つのは当然だが、それを言ったら変態扱いされる。女子に嫌われたくない男子たちは、興味津々な癖に「エロい事が好き=嫌われる」という魔の方程式に怯え、「はぁ?エロ本?読まねーし」みたいにカッコつけていた。

そんな思春期真っ盛りのニキビ猿が新聞をペラペラめくっていると週刊ポストやフライデーのグラビア写真が掲載されている。そこに載っていたのは眞鍋かをり、小池栄子、MEGUMI。なんだこの兵器のような胸は‼‼‼‼殺人級の巨乳‼‼‼‼紐で括られた新聞紙を抜き、小池栄子と眞鍋かをりのグラビアをハサミでキレイに切り取る。間に紙を挟み、厚みを付けて丈夫にする。表裏にグラビアアイドルを貼り付けた紙が完成し、これを生徒手帳に入れてお守り代わりにしていた。怖いねぇ人間って相手にされないとこんな事すんだねぇ。これぞガイキチの所業。

今から14年前。高校2年生とかそんくらいだな。頑張って買った眞鍋かをりの写真集「kawori」。この刺激的な超真っ赤な表紙が俺の脳髄を焼き尽くし、精神を浄化させる。中身は説明するまでもない超絶セクシー&キュート♪こんな刺激的な写真を高校生が読んじゃったらそりゃあねぇwwこの勢いで眞鍋かをりの巨大なカレンダーまで購入した。月が終わったカレンダーは、部屋の壁に貼り付け、部屋中眞鍋かをり塗れになった。ああ幸せだったなぁ。DVDも死ぬほど観たし、本当に色々お世話になりました。今は駿河屋で490円‼そこそこするなww