俺とアイドル④【松浦亜弥編】サイボーグと呼ばれた最強アイドル

だいぶ前に書いた「俺とアイドル①【ハロプロ編】小学校中学校で調子に乗っていた奴ほどアイドルにはまって抜け出せなくなっている」の記事でも書いているが、当時の松浦亜弥はそれはそれは凄かった。

嫁がハロプロのDVDを見たいと言うので駿河屋で購入した。ハロプロのDVDがかなり面白かったので、今回は松浦亜弥のコンサートDVDを購入した。今でも1,000円するのにも驚いたが、メルカリを見ると大体1,000円前後で取引されている。未だに根強いファンがいるんだろうか。

色々と悩んだが、元気いっぱいの頃の松浦亜弥が見たかったので、絶頂期からやや落ち着いたテイストになりつつある頃の「松浦亜弥コンサートツアー2004秋〜 松クリスタル 代々木スペシャル」にした。何となく聞いたことがある曲が大半で、有名なヒット曲は全てメドレーにされていて若干もったいなかったが、息を切らせずに走り回り、歌って踊る姿を見ていると、中学生の頃の記憶が脳裏を駆け巡る。

14年前のライブだが、今でも十分通用するレベルだと痛感した。今のアイドルグループにいたら永久センターに違いない。というかこんなのがメンバーに入ったら他のメンバーが委縮してしまいそうだ。現在はソロアイドルで売り出しているアイドルはあまりいないように思えるが、当時の松浦亜弥はアイドルグループ1グループ分の客層を集めていたような気がする。

Yeah!めっちゃホリディ、GOOD BYE 夏男に関しては、MDがぶっ壊れるほど聞いたので、イントロクイズみたいに最初の間奏の数秒で曲を言い当てた。我ながら気味が悪い。あんなに活躍していた松浦亜弥も10年経てば時の人か…。

ランキング参加中です。クリックして頂けると励みになります。 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする