自分を美女化したアイコンを嫁に書いてもらう

日記

アイコンが凄く気に入ってなくて、とりあえずテレビを見ていて気に入った映像をスクショして使っていたが、飽きたので嫁に書いてもらう事にした。なんかスクショや自分が気に入った画像や動画をダウンロードしたりなんだりすると著作権侵害になる可能性があるらしい。それがアイコンを変える決め手になったわけじゃないけど何か面倒な事になったよな。やりすぎ、と言うか国で管理しきれるのか問題だし、なんでも禁止すればいいって問題でもない。

そんな話は次回機会があれば話すとして、今回は雪菜に引き続き、自分を美女化した絵を描いてもらった。そのままの俺の自画像でも良かったんだけど31歳のオッサンの自画像なんて美しくないし、汚らしいので、どうせ描いてもらうなら可愛い美女にして欲しいと思って依頼した。

俺は肩より長い長髪ストレートで、おでこで真ん中分けしている。トムブラウンの髪長い方みたいな感じね。その感じを出してもらい、後は大好きなゴスロリ風に仕上げてもらった。感想は最高。ムチャクチャ可愛い美女が誕生した。死んだときの遺影はこれに決まりだ。ちなみに紫色は自分のイメージカラー。意味合いとしては「下品」であり「上品」。まさに俺だな。素晴らしい。

※アマギフ1万円で嫁がアイコンを描いてくれますwww

コメント