M-1グランプリ2020 準々決勝
スポンサーリンク

コロナで大騒ぎしている今日この頃だが、今年も激熱のM-1グランプリが始まっている。毎年このブログでM-1について語っている。あまりにも芸人の数が多いので、去年からは気になった芸人さんだけを勝手にピックアップして紹介していたが、今回もそんな感じでやっていく。あと何度も言うが、あくまで俺個人の感想だからな!!!※順不同

1、真空ジェシカ
高学歴のコンビ。知的過ぎるネタで面白く、ボケも想像がつかない。そして、特徴的な恰好が忘れられない。何でこんなネタが作れるのか?何でこんな展開を作れるのか?謎ばかり。もっとネタが見たくなる。怪しさもポイント高い。

2、GAG
大好きなんだよなーGAG。このギャグマンガを実写化したようなネタが最高。福井俊太郎さんのネタが一流なんだよな。顔も普通にカッコいい!!ただやっぱり漫才よりもコント派の人間なのかネタ終わりが少し物足りないかもしれない。

3、タモンズ
初めて知る。普通に面白い。完璧なしゃべくり漫才を見た気がする。これこそ漫才。ボケの雰囲気や口調、急に笑顔になるのもイイ。そして、とにかくネタが優しい。今の時代、優しいネタじゃないとウケないのかもしれない。とても安定しているし、余裕も感じられる。テンポもいいし、誰にでもウケるから高評価。もっと評価されるべきだと思う。

4、たくろう
この芸歴の短さでこのクオリティは凄まじい。毎回2人で同時にゴチャゴチャしゃべる時があるが、その際ゆっくりのようで計算された早さを感じさせる。この噛み合わなさがとにかく上手い。ボケ方も異質。近々決勝行きそう。

5、ダイヤモンド
面白い。センスがある。見ている側が「もういいもういいwww」と思うくらいしつこく笑わせてくる。決まった流れからちょっとずつずらしていって、確実に笑い殺していく。その間やタイミングが計算され尽くしている。毎回特殊な漫才をするけど、今回の準々決勝が一番好きかも。もっと見せてくれと半ば興奮してきた。後半激熱!!こんなに面白くて準々決勝を超えられないのか……。

6、くらげ
昨年の敗者復活戦はまぐれじゃないと言うことを知らしめたわ。才能ありすぎ。誰もが最初なめる。「なんだ去年のパターンか」と思わせといて、いや、完全にそこまでを理解した上で変化球をぶつけてくる。ただものじゃないわ。これで一生やってけるわ。俺を使えよと洗脳すんなよが面白い。最後の謎のあるあるネタもウケる。

7、令和ロマン
バケモンだよ。この人たちはバケモン。レベルが違いすぎる。圧倒的なボケの面白さ、予想の付かないテンポ。なんか同期とかで芸人やってたら才能に衝撃を受けて止めちゃいそうだわ。敗退するのが納得いかない。これは決勝行けるはず。まあいつか行くでしょうね確実に。

8、セルライトスパ
最高。すげえ好き。毎年楽しみにしてるんだけど、ボケの大須賀さんがメチャクチャにクレージーで笑う。あの表情からのボケだから狂気を感じる。もっと売れて欲しいな。準々決勝なんか盛り上がりに欠けてたけど、笑い疲れてるんかな。もっとウケててもよさそうなのに。

9、Dr.ハインリッヒ
お姉様方が相変わらず面白い、そして可愛い。天竺鼠の川原を彷彿とさせる気の触れよう。「どっくとくのぉまいをまっているんですかぁ~♪」待ちになる。女を売らず一卵性を売らず、自分たちの漫才ズムを貫くのがカッコいい。決勝に行って何て感想を受けるか楽しみでならない。つーか、どんな脳みそしてたら、こんなネタを思いつくのか理解できない。

準々決勝から1組が上がれるワイルドカードというものがある。去年は金属バットが通ってたと思う。俺が気に入った芸人さんが取ってくれれば嬉しいんだけど、今年はメチャクチャにレベルが高いから何とも言えない。みなさん、頑張ってください(゜-゜)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

💓見逃せない蒸発俺日記💓
泣きじゃくる嫁とケンカして自分の髪の毛をハサミでちょんぎって、その後『シン・エヴァンゲリオン劇場版:‖』を見に行ってクソほど感動して泣いて、やっぱり庵野秀明監督は頭おかしいと思った
日記 2021年
泣きじゃくる嫁とケンカして自分の髪の毛をハサミでちょんぎって、その後『シン・エヴァンゲリオン劇場版:‖』を見に行ってクソほど感動して泣いて、やっぱり庵野秀明監督は頭おかしいと思った
またしても嫁とケンカをする。何もかもがダメだ。嫁は顔を真っ赤にして号泣している。俺もよせばいいのにケンカの船に乗り込み、勢いのあまり自分の髪...