2020年6月5日 出かける途中で車が故障→廃車で、その日のうちに車を購入する地獄みたいな話① ア糞ダイレクトはやめとけ

日記 2020年

『2020年6月2日 朝会社に行こうとしたらパンクしていて散々な一日』の悲劇から3日後、本日もご安全に家を出発をした。天気も良く、今日も暑くなりそうだなんて思いながら車を走らせていると会社の担当者から3名の予定が2名になったという電話が入る。少し悩みつつも俺は休むことを決意し、来た道をUターンする。急な休みだったが、せっかくの休日で緊急事態宣言も解除されたらしいので、嫁を連れて少し遠出をすることにした。

着替えてから家を片付け、車に乗って出発。3日前に謎のパンクで交換したタイヤは絶好調だった。住んでいる田舎町から離れ、山沿いを走っていると雲行きが怪しくなってくる。大粒の雨がボトボトとフロントガラスに墜落し、どしゃぶりの大豪雨に見舞われる。それでも車を走らせていると雷がゴロゴロと鳴りだし、雨で前が見えなくなる。さすがに無理だと判断した俺は、道路からわき道にそれて自販機の並んでいる砂利道に車を停止させる。

ちょっと停め直そうとパーキングに入れようとするが、ギアがRになっている。はあ?パーキングに入らない、というよりギアを動かしても全部Rの表示になっている。そもそもシフトレバーがスルスルで全然稼働しない。カギを回すが何の動きも見せない。なんで?画面はついている、でも車が動かない。雨が止み、曇り空になる。いろいろと動かしてみるが全然ダメだった。

ネットで色々調べてみるが、全然動きそうにないので、諦めて保険会社に電話をする。今年変更した激安ネット保険のア糞ダイレクト(以下ア糞)に電話をする。解決方法としては、事故受付、ロードサービスの2択しかなく、事故と故障で悩んだ挙句、故障は事故じゃないと判断しロードサービスの番号を押す。速攻で電話に出た男性に状況を説明する。するとロードサービスの車を手配する方向で話が進む。しかし、よくよく聞くとロードサービスはただ運ぶだけの受付窓口らしく、人が来て車を運ぶだけらしい。

???

親父の車が故障した時は、JAFがすぐに来て、その場でなんやかんや原因を調べてからレッカーしていたが、ア糞だとロードサービスの人は完全に運ぶだけの運転手らしい。それじゃあ意味ねえなあと思い、ロードサービスは保留してもらって、事故受付の方に電話する。そして、この時点でおかしいと思う。

俺、保険証券の番号伝えてないんだけど大丈夫なの?

ア糞の場合、「自分の名前、車の名前」を伝えるだけで話がどんどん進んでいく。ありえない。その後、Sという女が電話に出る。クソみたいな電話対応で不安が募る。ア糞のサイトを見ると近郊にア糞関連の整備会社があるらしい。ならロードサービスでそこに運んでもらえばいいじゃんと思ったが、その整備会社は事故の場合じゃないとダメらしい。なんだそれ。そんで結局ロードサービスを頼んで、ロードサービスが来るまでの間に運び先を探すことになった。しかし、自分のところで頼んでいる整備業者がいないので、ア糞に丸投げして任せることにした。(つづく→2020年6月5日 出かける途中で車が故障→廃車で、その日のうちに車を購入する地獄みたいな話②

コメント