天より下にありし者 交通誘導員 254日目 警察?

日記

梅雨。大豪雨で現場中止の電話を待つものの決行。そう簡単には休みにならない所が、この現場の良いところである。本日は海の近くなので蟹の甲羅が墜落している。四肢がバラバラなので、カモメかウミネコがしゃぶり尽した後に捨てたんだろう。でも、蟹の場合脚が多いから四肢って言わないか?どうでもいいか。

今日はT字路に立つ。信号のないT字路の歩道真ん中に立ち、1時間に2台のダンプを出し入れする簡単なお仕事だった。先日会社から支給されたカッパを早速着用、誘導棒を手にし、いざ!!カッパは真っ白なロングタイプで、着用すると長靴のちょい上までスッポリと隠れるこれでLLサイズなのだが、長靴まで隠れるもうワンサイズにすればよかった。長靴が隠れないので、カッパが受けた雨の水滴が、そのまま長靴にインしてしまう。しゃーない。

早速仕事に取り掛かるわけだが、ほとんど車が通過しないので鬼のように暇だ。雨を浴びながら足を肩幅まで開き、瞑想の如く精神を研ぎ澄まし、岩のように動くのを止める。前方から来る一般車両が一時停止し、左折していく。どの車両も慌てて停止し、左折、ごくまれに右折…。ああ、なるほどね。

俺を警察だと思ってるなコレ…

警備員あるあるなんだけど、背筋を伸ばして動きを止め、前方を見ながら立っていると警察官だと思われることがある。取り締まりをやっていると思うんだな。しかも今日の俺は、カッパで制服も隠れている。誘導棒を持ってT字路に立ち、一般車両を見つめている。なんとなく警察官に見えるな。交通安全の役に立ててるから、良い事をしてるって思っていいのかな。

コメント