誰もいない実家に泊まる ※猫はいる

親と妹が二泊三日で京都へ旅行へ行く間、実家の留守番を任される。前日、起きれるか不安だったので早朝に出発した。出勤ラッシュにもぶつからずスムーズに到着。実家は飼い猫のトラにメチャメチャに荒らされていた。機嫌も悪く、表情がおっかない。餌の缶や皿はひっくり返ってる。母親の書置きを読みながら餌を交換したり、ウンコを片付けたりする。一日目は耐えられても二日目は耐えられなかったようだ。怒りが爆発している。

トラは犬のようにリードで家の周りを散歩する。俺は約三年ぶりに散歩することにした。散歩と言っても庭と家の周りをただ周るだけで、近所を歩いたりはしない。せいぜい歩道くらいだ。庭のコンクリートでゴロゴロして身体を擦り付ける。少しだけ散歩して家に入れようとすると物凄い剣幕でシャーーーーーー‼とキレる‼マジで怖い|д゚)昨夜は誰も居なかった為に眠れなかったようでコンクリートの上で爆睡。安心したのだろうか。

確かに日差しは気持ちいい。家で休んでから友人に会いに出かける。友人から本を借り、Tシャツをプレゼントする。彼の推薦する本は当たりばかりだ。彼は工場で働いているらしい。俺も出稼ぎを検討しているので最悪の場合はお世話になることもあるかもしれない。せっかくの仙台なのでラーメンBIGを食べる。仙台へ行くチャンスさえあれば俺はBIGを食らう。

注射器で血液に入れておきたいくらい美味しい。バカ美味い。とんでもなく美味い。友人とサブカル話で盛り上がり、ファミレスでも色んな話題で盛り上がり家まで送った。本当に愉快な友人だ。また旅行にでも行きたい。夜は、祖父と祖母の家を訪問。コーヒーを一杯ご馳走になってから焼肉を食べに行く。嫁も連れてくればよかった。こんなに二人としゃべるのは久しぶりだった。それにしても若い。俺よりもバクバク焼肉を食べる。まだまだ長生きして欲しいなー。近くで眠るトラ。少しは安心してる?