天より下にありし者 交通誘導員 13日目 14日目 雨がびちゃびちゃしててクソッタレ死に晒せ

★13日目

大雨が降る。今週は警備員が2名だった。解体作業があるかららしい。初日は面倒見の良いKさんと一緒だった。それぞれ別の場所に立って仕事をして、帰りに少し喋る。その時に『(金を)貸してほしい』と言い出してきた。やはり闇を抱えた人が多い職業のようだ。面倒見がよく、仕事も真面目にやる人だったので驚いた。とりあえず俺も金があるわけではないので断った。

それにしても雨の日は大変だな。一応小ぶりでも雨が強くなった時に着替えなくてもいいよう予め会社から配布されたレインコートを着用しておく。レインコートの上から黄色のピカピカベストを着用。結構な本降りだったが、工事は中止にならない。つーことはこの現場だいぶ作業遅れてる?俺はすっかりこの現場担当になり、他の業者さんからも名前を呼ばれるようになる。良い事だ。明日は新人の人とこの現場で2人らしい。

★14日目

新人は70歳目前のジジイで、早速ヘルメットの首紐を紛失していた。首紐の留め具みたいな部分をなくしていて、ビニール紐のようなものでとめてきた。ヘルメットは曲がっていて役目を果たしていない。これは早速やってくれるな…と改めて警備員としての仕事を認識し直す。しかも、まさかの自転車。色々と衝撃を受けることばかりだが、とりあえず現場の説明をして、現場の担当の人に工事の概要を説明してもらう。それにしても、あんまり話聞いてない。ジジイだから仕方ないか。自転車で警備する現場まで移動してもらい、簡単な説明をして、俺も持ち場へ移動する。

今日も雨だったが、昨日と違うのは気温がグッと下がっていたこと。メッチャ寒い。最初はレインコートを着ていたが、雨が止んだので脱ぐ。しかし、再び降り始めてレインコートを着直す。今度は寒くなったので、ジャケットを着て、その上からレインコートを着る。周りの人は、『あいつどんだけ着替えるんだ』と思ったかもしれない。

天候の影響もあり、疲れと眠気のWパンチで死にかける。休憩の時に目をつぶるとそのまま眠りそうになる。ちょっと考え事をすると、その考えが広がり収拾がつかなくなる。1人で考え事に対して頷いていた。これはヤバいと思い、目を見開いていた。作業員の人達も天候のせいか疲れが出ているのか、休憩に入る時間がいつもより早く、長かった。俺もだいぶ救われた。今日は疲れる。帰り道もスゲー眠かった。葉月ゆら、音速ライン、エロゲーメドレーを聞きながら帰宅。

レトルトの牛丼を食べて、風呂に入ったらもう眠い。ドラクエの続きがやりたかったので、眠い眠い言いながらドラクエⅠをプレイ、嫁の送迎まで仮眠。のはずが爆睡。よく起きれたと思う。明日はジジイがやらかしたヘルメットの替えをコンビニで受け取らなきゃならない。通り道だからいいけど面倒だな。寝よ寝よ。