天より下にありし者 交通誘導員 180日目 同じものしか喰らわない上等

日記

人間は1日の間に70回くらい何かを選択するらしい。

どのスーツを着て行こうかな?
どっちの道で会社に行こうかな?
お昼はどこで食べようかな?

この選択肢が多ければ多いほど、脳は疲れてしまうと言う。確かに1日に考える事って意外と多い。細かい選択肢を数えたら70回以上あるかもしれない。

なので最近は、脳を休めるためになるべく余計な選択をしないようにしている。警備員の制服はほとんど同じなので選択しなくて済む。朝寄るコンビニも同じコンビニ。買うものは、おにぎり、ゆで卵、サラダ、飲み物。悩まずに食べたいものを素早く手に取る。これだけで余計な選択肢を減らせた気がする。

写真に載っているやつが昼飯。以前は100円のパンとかかじってたが、やっぱり米だ。米を食べなきゃ脳は回らないし、力が出ない。最近は休憩中も作業がしたいので、おにぎりを1個に減らしている。10時、お昼、15時にナッツをかじって労働。この頃は、まぁまぁ忙しくなり、それなりの誘導が増えている。

工期が遅れてるのか何か知らないが、土曜休みがほとんどなく、毎週6日勤務でバリバリ働いている。しかし、工事に興味がない俺は1年いても工事のことは何一つ知らない。知ろうとも思わないし、正直どうでもいい。毎日「早く終わんねーかな」としか思わない。警備員なんかそんなもんだ。たまに専門用語を知った風に言ったり、作業員さんと工事の話を偉そうにしている警備員もいるが、個人的には無駄だと思ってる。俺らの仕事じゃないし、喋ってる暇があるなら旗でも振れと言いたくなる。

コメント