映画鑑賞74 少女椿

映画

驚くほど寒くて面白くなかった。原作ファンをことごとく失望させたであろう。ここ数年で最も面白くない作品だった。丸尾末広ファンで少女椿ファンを自称するにわかの俺ですら、あまりの出来の悪さに幻滅した。まず何も言わずに三池崇史監督、園子温監督にやらせりゃいいんだ。こういう系統の映画をよくご存じなんだから。寺山修司のようなダークなサブカルチャー路線で行くべきだったのではないかと思う。なんとなくオシャレな渋谷系、なんちゃって原宿?みたいな今時の若者風の「サイケってキレイ」「サブカルってオシャレ」みたいなテイストがとにかく気に食わない。もっと暗くて陰湿で、グロテスクな感じがよかった。こんなに明るく楽しい(しかも大分滑っている…)雰囲気のなんちゃってメンヘラ、ヤンデレ風は見る価値がない。

原作を忠実に再現はしているが、全体的にストーリーにまとまりがなく、完全に付け焼刃。役者の演技もことごとく酷い。とくにカナブン(ふたなり)に至っては、発音が悪いし、声が聞きとりずらいし、演技が殺人級に下手くそときている。原作読んでるのか?どこまでがギャグなのかもよくわからない。演技がそれなりだったのが、鳥肌実と鳥居みゆき。そんなことあるか?とにかく時間の無駄で、原作ファンとしては憤りを感じざるを得ない。

コメント